歯周病治療|ひたちなか市勝田の歯医者さん 樋之口歯科医院

ベストな治療を いっしょに見つける ひたちなか市勝田の歯医者さん

トップ > 歯周病治療

樋之口歯科クリニック 歯周病治療

歯周病は危険な病気です

「最近口臭が気になる……」
「歯みがきすると血が出る……」
「歯がグラグラしている……

歯周病

このような症状が見られたら歯周病の可能性があります。
歯周病は痛みがなく進行するため、「沈黙の病気」といわれています。
気になる症状が出てから歯科医院へ行くケースがほとんどで、気づいたときにはひどく進行していた……ということが多いのです。

口臭や出血、歯のグラつきなどがあったら早めに歯科医院で診てもらいましょう。
そのまま放置し続けると、以下のような悪影響が出たり、歯が抜け落ちてしまったりするかもしれません……。

歯周病は、歯肉が腫れたり、出血したりするだけでなく、歯を支えている骨まで溶かしてしまう病気です。
この写真は、歯周病にかかっていることが分からず、放置してどんどん進行してしまい、最終的に抜歯(歯を抜くこと)になってしまった歯の写真です。
一気に何本も失ってしまうケースも少なくありません。

口の中だけじゃない!歯周病が与える悪影響

歯周病は、お口の中だけではなく、全身の病気とも大きく関わりがある事がわかっています。

肺炎
歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。特に高齢者の方には多く見られます。
心臓疾患
歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなります。血栓は動脈硬化を招き、筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。
糖尿病
歯周病が糖尿病を引き起こすことがあります。また、糖尿病にかかっている状態で歯周病になると血糖コントロールが難しくなり、糖尿病が悪化するおそれもあります。
早産
歯周病にかかっている妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。
誤嚥性肺炎
高齢者の死亡原因の一つである誤嚥性肺炎。食べ物を口に入れた際に、細菌が唾液や胃液とともに肺に流れ込むことで生じる肺炎です。口腔内のケアが行き届かずお口の中で細菌が繁殖していると、さらに肺炎の悪化のリスクは高まります。

歯周病の進行段階

歯周病は、急に歯がグラグラしたり、抜けてしまう訳ではなく、徐々に進行していく病気です。
その歯周病が進行していく状況を見ていきましょう。

段階 1 軽度歯周炎(歯周ポケットの深さ:2~3mm)

段階 1 軽度歯周炎(歯周ポケットの深さ:2~3mm)

歯垢(細菌の塊)や歯石が溜まり、歯ぐきに炎症が起こります。歯ぐきが腫れ、歯みがきのときに出血が見られます。

お口の中の写真で見ても、歯肉は薄いピンク色に見え、これと言って大きな変化は無いように見えます(写④)

段階 1 軽度歯周炎

レントゲン写真の赤い線は、歯を支えている骨がどこまであるかを示しています。
(レントゲン④)
赤い線が、歯のくびれのところにありますので、骨まで影響がないことが分かります。

段階 2 中度歯周炎(歯周ポケットの深さ:4~7mm)

段階 2 中度歯周炎(歯周ポケットの深さ:4~7mm)

歯の表面や根の部分に歯垢(細菌の塊)や歯石(歯垢が固まり、石のようになったもの)が付着し、炎症が進行した段階です。炎症が進行すると、歯肉の腫れや出血はもちろんのこと、膿が出たり、歯を支えている骨が溶け、歯にグラつきが出始まます。

段階 2 中度歯周炎

お口の中の写真を見ると、段階①と比べ、歯肉がブヨブヨに腫れ上がっているのが分かります。
歯肉が薄いピンク色から、腫れて赤くなったように見えることもあります。(写⑤)
レントゲン写真では、歯を支えている骨が溶け、赤い線が歯の根っこの真ん中あたりまで下がっています。(レントゲン⑤)

段階 3 重度歯周炎(歯周ポケットの深さ:6~8mm)

段階 3 重度歯周炎(歯周ポケットの深さ:6~8mm)

歯垢(細菌の塊)や歯石(歯垢が固まり、石のようになったもの)がたまり続けると、歯の周りの組織に大きく影響が出始めます。
歯を支えている骨がかなり破壊され、歯は歯肉にただくっついているだけの状態になります。
支えを失った歯は、傷みで食べ物が噛めなくなったり、最終的に歯抜け落ちてしまいます。

段階 3 重度歯周炎

お口の中の写真を見ると、歯が伸びているように見えます。
これは、歯を支える骨が破壊され、垂れ下がってしまった状態です。(写⑥)
レントゲン写真を見ると、骨が破壊されているため、赤い線が根っこの先にあるのが分かります。

歯周病の治療前・治療後

骨が著しく吸収してグラグラしている歯も、徹底的なホームケア(ご自身の歯ブラシ)で、歯周病の原因となる歯垢(細菌の塊)を除去して骨が再生され再び機能します。

★根っこの先まで溶けてしまった骨も…。

歯周病の治療前

★徹底的なご自身のホームケア、治療によってここまで再生されます!

歯周病の治療後

歯周病にかかってしまったら治らないのではなく、ご自身の努力により必ず治すことができます!

当院の歯周病検査・治療

歯周病は自覚症状に乏しい病気です。そのため、みなさまから現状をおうかがいするとともにしっかり検査して進行度を知ることが大切です。
当院では治療前に以下の検査を行っています。

歯周病の検査

ポケット検査

歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)の深さを調べることで、歯周病の進行度を把握します。

歯の動揺度の検査

歯のグラつきを見て、歯周病の進行度を調べます。

レントゲン検査

あごの骨の状態は肉眼では把握できません。レントゲンを使って充分に確認します。またレントゲンで炎症の程度も確認できます。

細菌検査(自費治療)

お口の中のばい菌の種類と数を調べ、歯周病になりやすいかどうかを判定する検査です。歯周ポケット内の歯垢を採取して、歯周病原因菌の比率が高ければ歯周病リスクが高く、歯周病原菌の割合が低い場合にはリスクが低いといえます。※必要な方のみ行います

<検査方法>

唾液を少量採取させて頂き、歯周病の代表的な菌(レッドコンプレックス)がいないかを検査します。

各歯周病原細菌の比率

P.g菌

成人性歯周炎の代表的な菌。歯槽骨・歯根膜を破壊する。

A.a菌

若年性歯周炎や侵襲性歯周炎から検出される。ロイコトキシンというものを産生し、白血球を死滅させる。

T.f菌

歯周ポケットの深いところで検出率が高く鳴る。P.g菌と一緒に検出されると歯周炎は悪化する。

T.d菌

人の免疫機能を強く抑制するため歯周病菌の増殖を促してしまう。

P.i菌

女性ホルモンであるエストラジオールやプロゲステロンを発育素とする歯周病菌。

歯周病治療

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度歯周炎の外科的処置。

歯肉に麻酔をして歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去します。

歯周ポケットの中の歯垢、歯石を除去することによって、炎症が抑えられ、より一層歯肉が引き締まります。
※必要な方のみ行います。

フラップ手術

治療しても良くならない歯、歯肉を切ってめくってみると、通常では器具が届かないところまで、大量の茶色い歯石がついています。(写⑦⑧)

フラップ手術

これをしっかり除去し、また歯肉を戻し、縫合して治療を行います。
※必要な方のみ行います。

矢印

フラップ手術後

レーザー治療

レーザー治療

歯周病菌をレーザーによって殺菌します。

レーザーの無痛効果によって麻酔なしで治療を行うことができます。

歯肉が腫れて傷みが出ている場合など、必要な方のみ行っています。

GTR/エムドゲイン

GTR/エムドゲイン

歯周病で失ったあごの骨を回復させるための処置を行います。
人工膜や薬剤を使用して、骨の再生を促します。エムビゲインとは、ブタ歯胚組織使用歯周組織再生材料のことであり、歯周ポケットが6mm以上の歯周炎の治療に使用する薬です。

予防すれば怖くありません!

当院では予防に力を入れています。
予防できれば辛い思いをせずに済むほか、身体的・金銭的に負担が少なくなるなど、いいことづくし!
現在お口の中で気になるところがない方でも、治療をしたばかりという方にも、一生自分の歯で食べられるように、一度予防について考えてみませんか?

樋之口歯科クリニック アクセス

専用駐車場完備

お車でのご来院もご安心ください。

樋之口歯科クリニック 駐車場

住所     茨城県ひたちなか市西大島2丁目13-31
目印     勝田電車区西交差点
休診日  木・日・祝※祝日がある週は木曜診療
診療時間 平日 9:00~12:00 / 14:30~18:00
         土曜  9:00~12:00 / 14:30~16:00

樋之口歯科メニュー

ページのトップへ戻る